プロフィール
有限会社 四季
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2014年07月09日

韓国の朴大統領

韓国の朴大統領はその言動から日本の竹島への不法進入、不法占拠を正当化する為
何かと理由をつけてそれを正当化しようと試みている。
例えば昨年3月・独立運動記念政府式典でこの様に発言した。
「加害者と被害者という歴史的立場は千年の歴史が流れても変わる事はない」

それなら韓国の約千年前の歴史的様子はどうだったんだろう。

918年 後高句麗の豪族の王建が新羅を滅ぼして王位を簒奪し、高麗を建国する。
933年 後唐の冊封を受ける。
935年 新羅の敬順王、高麗に国を譲渡し、ここに新羅滅亡す。
936年 後百済を滅ぼし朝鮮半島統一。
976年 田柴科制の創設。
1010年 契丹の侵入を撃退。
1018年 契丹の再侵入。姜邯賛の活躍により契丹軍を殲滅(亀州大捷)。
1033年 高麗の長城の建設開始。
1095年 李資義の乱。
1126年 李資謙の乱(ko:이자겸)。 金に服属。
1135年 妙清の乱(ko:묘청)。
1170年 庚寅の乱。以後武人政権が続く。
1196年 崔忠献によるクーデター。崔氏政権の始まり。
1232年 モンゴル帝国の侵略始まる(→モンゴルの高麗侵攻)。
1259年 高麗の太子(のちの元宗王)がフビライに降り、モンゴル帝国(元)の属国化。

加害者と被害者という歴史的立場は
千年の歴史が流れても変わる事はないのなら
現在の韓国国内で高句麗、新羅、百済が争奪しあっている事になる。

むりやり口実をつけて自国の行動を正当化しないで貰いたい。







  

Posted by 有限会社 四季 at 00:50Comments(2)