プロフィール
有限会社 四季
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2013年10月31日

歌を歌わなくなった

最近思いますのは人が歌を歌わなくなった事です。
自分が幼い頃は終戦直後でしたので之といったレジャー等有りませんでした。
その代わり何故か年上の人は皆、歌を口ずさんでいました。
軍歌だったり民謡だったり色々でした。
”国境の町”、”誰か故郷を思わざる”等々
早朝、近所で納豆売りの青年が毎回必ず同じ歌(題名は忘れましたが”夜は冷たい心は寒いー”)
と歌いながら自転車を走らせていました。家の者はくすくす笑って聞いておりました。
よくまー同じ歌ばかり歌えるなーと。
そのうち十代の美空ひばりさんがデビューして”港町十三番地””花笠道中”が世に出ました。
私も少学校の帰り道に大きな声で”花笠道中”や”お富さん”を歌いながら帰ってきますと
祖母に”大きな声で歌いながら歩くんじゃない”と叱られました。
石原裕次郎さんの"赤いハンカチ””錆びたナイフ”。高倉 健さんの”唐獅子牡丹”
都はるみさんの”涙の連絡線””アンコ椿は恋の花”
井沢八郎さんの”ああ上野駅”等の親しめる曲が毎年世に出ました。
今年はどんな曲が出るのだろうかと待ち遠しかったものでした。
その間にもフォークソングが流行り始め
若者がギター片手に家や学校で歌っていました。
歌を歌うとストレス解消になるので皆自分お気に入りの歌を
持っていてそれなりに心は豊かでした。
残念な事に最近の歌は聞くものであってとても歌えない。
かん高い裏声など素人には所詮無理で歌と言うよりミュージックと
言った方が良いのかよく解りませんが
ストレス発散どころか余計ストレスが貯まる曲が多いのが残念です。
自分の殻に引きこもって聞かされているだけではなく歌ったほうが健康に良いですし、
戦後の日本を作って来た世代は数え切れないくらいの良い曲に癒されながら
生きて来たといえないでしょうか。
  

Posted by 有限会社 四季 at 02:31Comments(4)