プロフィール
有限会社 四季
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 2人

2013年04月23日

方言

私が相撲場に出入りさせて頂き初めて早 半世紀近くなります。
当時の力士は今同様 地方出身力士が大半でした。
力士が出世し親方になります。
違う点は地方出身の親方の方言が今に比べてきつかった事です。
何か言われているのですが意味が解らずぼーっとしていますと
親方はこちらの態度にむかついて余計に何か言われのですが
こちらも余計に意味が解らず怒らせてしまいました事が有りました。
今はあまり方言は聞こえて来ない気がします。  

Posted by 有限会社 四季 at 04:38Comments(0)

2013年04月18日

審判結果

4月17日うろ覚えですがプロ野球の楽天ソフトバンク戦で楽天の走者がセカンドからサードへリード
したのをソフトバンクのキャッチャーがセカンドに投球し走者をアウトにしましたが
セカンドベースに足が付く寸前に走者の足にボールが当たったがセカンドがキャッチした為アウト
となりました。が 走者の足にボールが当たったのを審判が守備妨害とした。これに怒った
星野監督がすっとんで抗議したが審判結果は変わらなかった。野球の審判結果が逆転する事は無い様です。
相撲の場合 横綱・大鵬が1968年(昭和43年)9月場所、2日目から1969年(昭和44年)3月場所初日までの間に双葉山定次(69連勝)に次ぐ45連勝を記録した。この連勝記録は、同場所2日目に戸田智次郎に押し出しで敗れたため途切れたが、ビデオ画像や写真では戸田の足が先に出ていたため「世紀の大誤審」と問題になり、この翌場所からビデオ画像の導入が始まった。その点 相撲の方が進んでいると言える点が有ります。
又 審判の親方が物言いを付け勝負結果が逆転する事も有ります。失礼ながら相撲の方が進歩的の様です。
  

Posted by 有限会社 四季 at 20:02Comments(0)

2013年04月15日

オーラ

1980年の7月場所 横綱に昇進近しの場所で千代の富士関が花道から
土俵まで進んで行きます時、私は彼の体がピカーと光ったのを
はっきりと感じました。今でも覚えています。
いわゆるオーラという物でしょうか、
親方の今でも前から歩いて来る時は
正眼の構えでまっすぐ前を向いてややゆっくりめで歩いて来ます。
いわゆる近ずき難いものが有ります。体は小さくとも内容は大横綱で
土俵上で相手力士をブン投げてきた自信から来るものでしょうか。
正眼の構えでまっすぐという意味では初代・若乃花の前・二子山理事長が似ています。
違うのは二子山親方は声が低く何より声量が多くいわゆるどすが効いていました。
師匠会で前々代熊ヶ谷親方に声が小さいと怒鳴ったそうだ、熊ヶ谷親方が私に
あの野郎に師匠会で怒鳴られたと笑いながら私に言っていました。
  

Posted by 有限会社 四季 at 05:38Comments(1)

2013年04月13日

淡路島で震度6

今朝 5時半に目が覚め一服していましたところ
午前5時33分に淡路島で震度6の地震が起きました。
私も1分間の横揺れを感じました ニュース速報では当地は震度4でした。
東北地方の余震がニュースで流れていますが震度4,5、6は頻発しているそうです。
さぞ皆様驚きの毎日を過ごされておられます事と思いますと
さぞ御辛かろうと改めて御同情致しました。  

Posted by 有限会社 四季 at 08:05Comments(1)

2013年04月13日

扇子

最近 お蔭様にて弊社の扇子のページがyahoo,goooglen の 扇子検索で
19位に入っています。競争相手は老舗ばかりですので価値有る事と
勝手に思い 暑い夏シーズンに売り上げが伸びます様祈って居ります。  

Posted by 有限会社 四季 at 00:50Comments(0)

2013年04月11日

般若心経の具現化

4月9日に私が檀家にならせて頂いております京都の禅寺・臨済宗/妙心寺派本山
妙心寺内の塔頭・退蔵院に御参りしてまいりました。
ここは先代の住職さんが荒れ寺を
現在の様な大庭園を持つ寺にされました。
この日はJRの”そうだ京都だ”とか雑誌ミセス
に取り上げられて特別拝観中でごった返していましたがまだ桜の花も良く残っていて
大変綺麗で皆さん(女性が大方)カメラマンになって京都の春を撮っておられました。
私は今の御住職さんとは同年代でよく話しが合い久しぶりであった事も有り夜10時頃迄
禅の話から相撲の話迄会話しました。九重親方とも御懇意だと申されていました。
親方といえば故大鵬親方も現役の時、静岡のおきつの清見寺で禅修業をされたという事を
先々代の西岩親方(四股名・大文字 京都出身)を聞いた事が有りました。
”つき合わされまいったよ”と笑いながら言った言葉を思い出しました。
禅の究極の処は般若心経の具現化です。その為の一方法です。仏教の何宗も般若心経は付き物です。
一度本当の空(くう)になって現世を見ると今まで気の付かなかった事に気付いたり
今迄見ていた同じ花がより綺麗に見えたりします。ゴルフでも禅をするとパットが良く決まったとかも聞きます。しかしそういう結果を求めて修行すると一向に身に付きません。よく悟りが開けたと言いますが
悟りもピンキリで小さい悟りもあれば大きい悟りも有ります。一度大きい悟りらしきものを修行で得ると
人生が楽になります。一日の間にはいろんな嫌な事も起きますがとらわれず次を追わない(二念を起こさない)ければ案外のんきに過ごせます。無(ム)ー と心の中で嫌な事を忘れるくらいムームーと
修行していれば良いのです。南無阿弥陀仏 他も念仏でする禅と言えます。  

Posted by 有限会社 四季 at 02:11Comments(0)

2013年04月08日

武蔵川親方

この4月に入って67代横綱・武蔵丸が武蔵川親方となって部屋を起こされました。
弟子は序ノ口13枚目森宗のみ。親方は米国出身優勝12回の大型力士で人気が有りました。
正に真っ白からの船出です。今後の行方が楽しみです。
数名の横綱、大関、多くの幕内力士を育て上げた
初代・若乃花の二子山親方も二子岳を連れて独立後
大部屋を作り上げました。私と話をしました折、相撲部屋とは人を育て人を世に送り出す所だと言われて
おられました。
武蔵川親方にもがんばってもらいたいです。  

Posted by 有限会社 四季 at 07:45Comments(0)

2013年04月05日

モンゴル

日本にはレアメタル等必要な資源が乏しいという弱みが有ります。
近々 モンゴルとレアメタルの取引が出来るというニュースが出ています。
隣の中国をはさんでモンゴルとは往来が盛んになって来ました。
モンゴルから日本に来て大相撲入りした力士達の影の力が もしかして
有るのかも知れません。旭鷲山関が最初だったでしょうか。
そういう意味では外国人力士も結構日本の為に働いていると言えるかもしれません。
海外でも相撲をとる人が増えています。日本では少し低迷している事が残念です。  

Posted by 有限会社 四季 at 01:50Comments(0)